コピー機の基本知識

コピー機を用意する際に考えなければならない事の一つとして耐用年数があります。これはつまり、どれくらいの期間、使える事が出来るのかという、本体の寿命のようなものです。当サイトではコピー機の耐用年数や、用意する時の方法であるリースについて紹介しています。

コピー機の耐用年数はメーカーや使い方によって異なるため、一概に断言できるものではありませんが、一般的に5年ほどの耐用年数であり、さらに印刷枚数は300万枚ほどが目安の一つとなっています。ただ、ほとんど使われないコピー機については、数十年という長期間保つ事もできるため、やはり使用する頻度によって寿命は大きく上下するものと言って良いでしょう。

また、主にオフィスにコピー機を導入する際には、購入するのではなくリースという方法を使う事ができます。これはリース会社からコピー機を借りるという方法で、初期費用を抑える事が出来るメリットがあります。しかしリースを申し込むには企業の経営も影響してきますので、必ずしも利用できるサービスとは限りません。

リースは使い方によってコストパフォーマンスを高める事ができますし、使い方次第であまりメリットを感じられないという事もあります。企業の印刷枚数、そのほかの状況を考慮して、利用するか考えるのが良いでしょう。当サイトではコピー機に関する情報を紹介しています。これらの状況をより詳しく知りたいという方はぜひ、チェックしてみてください。

コメントは停止中です。