リースとは

オフィスなどにコピー機を導入する際には機器を購入するのかリース契約するのかで悩むことは少なくありません。しかし、実際には多くの企業がリース契約によって機器を導入しています。さらに購入とは違ったメリットがリース契約にはあります。コピー機を購入する際には多額の初期がかかってしまいますが、リース契約では機器導入の初期費用をリース会社が負担してくれるために初期費用を抑えることができます。

しかし、金額や企業の経営状況によっては借入審査に通らない場合もあるので注意しておく必要があります。そして、コピー機とは本来であれば固定資産です。そのコストは購入者負担となり年度によって異なってきます。また、盗難やトラブルに備え保険に入るのも購入者負担です。そのため、台数が増えてしまうとどうしても管理が複雑になってしまいます。

その反面、リース契約ではそれらのコストはリース会社が負担してくれます。契約期間の費用も固定なので管理も楽になります。総費用で考えた場合にはリース契約の方が高くなってしまうために損だという方もいるかもしれませんが購入した場合のコストや業務を考えたら必ずしもリースが損であるとは言い切れません。自分の利用状況によって計画的にリース契約することが大切です。

TOPIC中古コピー機販売・複合機リースのOAランド

コメントは停止中です。