耐用年数

自分の家やオフィスにコピー機を導入する際に気になることは寿命です。しかし、コピー機によってメーカーも購入者の使い方もそれぞれで具体的に何年であると判断することはできません。しかし、一般的には大体5年程度の耐用年数で総コピー枚数は300万枚程度であると言われています。当然ですが、コピー枚数が300万枚に達するまでの年月やその使用頻度によっても異なってきます。

実際に使わなかった場合には30年位もつのではないのかと思われることもありますが、機械の中身のゴムなどは使わなかったとしても劣化していきます。なので頻度が少ないからと言って長持ちするというわけでもないのです。コピー機を選ぶ際にはまずは月間印刷枚数を出すことが大切です。印刷速度を優先させたいようなら一分間に25枚以上印刷できる機種を選ぶとよいです。

こうして利用していき印刷枚数が300万枚ほどになればそろそろ寿命だと考えていいです。コピー機は日々稼働しているものなので突然故障してしまう可能性は十分あります。故障で動かなくなってしまう前にコピー機を入れ替えることを検討するのもひとつの方法です。ベストなタイミングで交換をすればコスト削減にも大きく関わってくるでしょう。

コメントは停止中です。